【成長】1年目の病院薬剤師がこれからすべきこと

こんにちは、病院薬剤師3年目 モーリ(@yakuzaimori)です。

今回は、

【成長】1年目の病院薬剤師がこれからすべきこと

というテーマで書いていこうと思います。

薬学部生
病院薬剤師
1年目

病院薬剤師になって半年以上経って、基本的な仕事は大体覚えてきた。
これからどんなことを意識して仕事に取り組んでいったらいいだろう。

現在は、2020年11月です。

新卒の病院薬剤師の方は、入職して半年以上経ちました。

これまでに様々な業務を行ってきて、基本的な業務のほとんどは覚えてきたのではないかと思います。

今回は、病院薬剤師3年目として働いており、専門業務にも従事している僕が、
病院薬剤師1年目のみなさんが、これからすべきことを解説していきます。

僕が病院薬剤師として3年間過ごしてみて、
自分の経験から良かったと思った事や反省点を加味して3つ上げています。

では、いきましょう。

スポンサーリンク





スポンサーリンク

もくじ

専門的な知識を少しずつ取り入れよう

入職して半年以上たつと、薬剤部内の基本的な業務は覚えてきたのではないかと思います。

このくらいの時期から、気になる専門的な知識を取り入れ始めましょう。

内服・外用の調剤や、注射調剤を通して、様々な診療科の処方に触れてきたと思います。

また、病院薬剤師として働いていると、先輩たちがチーム医療に参加していたり、専門的な業務をしている姿も見ることがあると思います。

やはり、病院薬剤師は、幅広く知識があることは重要ではありますが、専門知識が重宝されることが多いです。

気になる専門業務があったら、その知識について学習を始めていきましょう。

一通りの業務ができるようになったら、早めから専門知識を取り入れていくと、専門業務に携わることも早くなると思います。

モーリ
モーリ

僕も、半年を過ぎたあたりから、「抗菌化学療法」に興味を持ちはじめ、基本的なテキストを買って読んでいました。

結果として、現在は、3年目でICT/AST活動に携わることができています。

もし、抗菌化学療法に興味がある方は、こちらを読んでみてください。

「大学レベルの知識の復習」+「臨床で使える知識」
が盛り込まれているので、抗菌化学療法の初学者の方には非常におすすめです^^

 

がん化学療法に興味のある方は、基本的な内容が盛り込まれているこちらの本もおすすめです。

日本病院薬剤師会の単位を取得しよう

薬剤師は、様々な学会から多種多様の「認定資格」を取ることができますが、
病院薬剤師として「専門的な資格」を取るためには、「日本病院薬剤師会」の認定、専門がおすすめです。

日本において病院薬剤師としての専門知識を有する証明としては、最もポピュラーなものとなります。

薬学部生
病院薬剤師
1年目

ところで、日本病院薬剤師会の認定・専門はどのようにして取ればいいの?

こういった疑問があると思いますが、
結論としては、まずは、日本病院薬剤師会の指定する勉強会の単位を取得する必要があります。

病院薬剤師1年目のみなさんができることは、「単位取得」です。

地域で開催されている勉強会に行って単位をもらうこともできますし、
日本病院薬剤師会が配信している「e-learning」というオンライン講座を受講することによって、単位取得をすることも可能です。

モーリ
モーリ

おすすめは、効率よく単位取得することができる「e-learning」です^^

下のリンクから日本病院薬剤師会のe-learningの登録ができますので、単位取得をしたい方は登録してください。

https://jshp-elearning.jp/elsnr/
日本病院薬剤師会より

他の記事でも詳しく説明しようと思いますが、1年目に取るべき単位数は、「10単位以上、30単位以下」です。

これを目標にしていただけると、のちのち認定が取りやすくなります。

薬学以外の本を読んでみよう

薬剤師になる以前は、6年間大学の薬学部に通っていましたよね。

読書をする時間もほとんどとることができなかったと思います。

薬剤師1年目になって、業務にも慣れてきた今からは、「薬学以外の本」を読んでみましょう。

モーリ
モーリ

これまでに薬学のことばかり勉強していたと思いますが、薬学以外の本を読んでみると、新たな発見が生まれます。

  • 自己啓発本を読んで、自分のメンタル強化、思考の改善をする
  • ビジネス本を読んで、現在の社会、将来の社会について考えて、自分の未来を想像する
  • 金融本を読んで、金融リテラシーを高める
  • 小説を読んで、感性を豊かにする

なんでも自分が少しでも興味を持った本を1冊買ってみましょう。

悩まずに買うことをおすすめします。

自分の稼いだお金を、自分の知識や経験に変えていくと、見える世界がどんどんと広がります。

モーリ
モーリ

僕は、実際に本を読み始めて、ネガティブ思考が改善しましたし、金融リテラシーをつけて、以前より生活が豊かになりました

僕が読んできた本の中で、社会人になったら是非読んでほしい本を3冊紹介しているので、以下の記事を参考にしてみてください。
若手社会人のうちに読むべき本3選



スポンサーリンク

まとめ

1年目の病院薬剤師がこれからすべきこととして3つ上げさせていただきました。

これからも病院薬剤師として働いていくためには、これからも知識と経験をたくさん取り入れす必要があります。

専門的な知識や、認定についても1年目の頃からできることはたくさんありますので是非、チャレンジしてみてください。

また、薬剤師という狭い世界で過ごしていると、外の世界のことを考える機会が少ないのも事実です。

いろんな本を読んで、教養を深めて、「人間として」自分を成長させていきましょう。

きっと、この記事の内容を実践していくと、「薬剤師」としても、「人間」としても成長できます。

病院薬剤師1年目の間は、仕事を覚えるだけでも非常に大変かと思いますが、少しずつ、行動していくのをおすすめします。

今回は以上となります。

Twitter(@yakuzaimori
stand.fm (モーリの5分トーク
もやっていますので是非フォローお願いします^^

スポンサーリンク







スポンサーリンク

このブログは「SWELL」でできています

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

モーリのアバター モーリ 抗菌薬剤師

病院薬剤師。
感染制御チーム(ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)に所属。
2022年度感染制御認定薬剤師取得のために勉強中。

コメント

コメントする

もくじ
閉じる