【第一歩】日病薬病院薬学認定薬剤師になるには?まず、すべきこと

こんにちは、病院薬剤師3年目 モーリ(@yakuzaimori)です。

今回は、

【第一歩】日病薬病院薬学認定薬剤師になるには?まず、すべきこと

というテーマで書いていこうと思います。

薬学部生
病院薬剤師
1年目

「日病薬病院薬学認定薬剤師」って何?
まずなにから始めればいいの?

みなさんは、「日病薬病院薬学認定薬剤師」という認定はご存知でしょうか。
また、「日病薬病院薬学認定薬剤師」という認定があることは知っているけど、
実際になにから始めればいいのか疑問に思っている方も多いと思います。

今回は、病院薬剤師3年目であり、1年目の頃から「日病薬病院薬学認定薬剤師」を目指して行動している僕が、
この認定を取得するために、「まず、すべきこと」にフォーカスを当てて解説していきます。
そもそも、日病薬病院薬学認定薬剤師とはどんな認定なのかも含めて解説していきます。

結論から言います。
「日病薬病院薬学認定薬剤師」とは、日本病院薬剤師会の高度な認定・専門を取得するための「第一歩の認定」です。
「日病薬病院薬学認定薬剤師」になるためには、「3年間の計画的な単位取得」が必要となります。

以下で具体的に説明していきますので、是非最後まで読んでみてください。

では、いきましょう。

スポンサーリンク





スポンサーリンク

もくじ

日病薬病院薬学認定薬剤師とは

日病薬病院薬学認定薬剤師とは、日本病院薬剤師会が母体となっている認定制度です。

第1条 一般社団法人日本病院薬剤師会日病薬病院薬学認定薬剤師制度(以下、「日病薬病院薬学認定
薬剤師制度」という)は、高度化する医療の進歩、チーム医療の推進に伴い、医療の質の向上
及び医療安全の確保の観点から、薬剤師が薬物療法に主体的に参加するという社会的要請に応
えるため、高度化・複雑化する薬物療法等の幅広い知識及び高度な技能を習得し、臨床現場に
おける実践力を有する薬剤師を養成し、国民の保健・医療・福祉に貢献することを目的とする。

引用元 日本病院薬剤師会https://www.jshp.or.jp/banner/byouinyakugaku/by-kitei.pdf

こちらが日病薬病院薬学認定薬剤師制度規程の第1条となっておりますが、
読むのが大変ですよね。。。

薬学部生
病院薬剤師
1年目

よくわからない。。。

この認定について、最も簡単に一言で説明します。

日病薬病院薬学認定薬剤師とは、
日本病院薬剤師会の専門・認定を取るためには必須である、病院薬剤師が取るべき第一歩の認定」です。

薬学部生
病院薬剤師
1年目

え、てことは、この認定がなければ、
がん薬物療法認定薬剤師感染制御認定薬剤師を取ることができないってこと?

モーリ
モーリ

その通りです。

つまり、この認定がなければ、次のステップに進むことができないということです。
※一部、例外はあります。

以下は、がん薬物療法認定薬剤師の申請資格の一部の抜粋です。

(4)日病薬病院薬学認定薬剤師であること。ただし、日本医療薬学会の専門薬剤師制度
により認定された専門薬剤師であればこれを満たす。

引用元 日本病院薬剤師会
https://www.jshp.or.jp/senmon/senmon1-2.pdf

このように、がん薬物療法認定薬剤師をはじめとした、日本病院薬剤師会の認定・専門資格を取るために、
日病薬病院薬学認定薬剤師であることが必要です。

病院薬剤師として専門資格を取って活躍したい方は、ぜひ、早めに日病薬病院薬学認定薬剤師を取得しましょう。

次のパートからは、日病薬病院薬学認定薬剤師を取得するための第一歩を説明します。

日病薬病院薬学認定薬剤師になるための第一歩

まずは単位取得

日病薬病院薬学認定薬剤師になるためには、必要な単位を取得する必要があります。

単位は、主に以下の方法で取得可能です。

  • 日病薬病院薬学認定薬剤師の認定対象となる勉強会に行く
  • 日本病院薬剤師会のe-learningを受講する

日本病院薬剤師会が主催する勉強会は以下で確認することができます。

https://www.jshp.or.jp/gakkai/gakkai.html
日本病院薬剤師会より

また、各地で開催される地域の病院薬剤師会の勉強会においても、
日病薬の単位を取得することができる勉強会が多いのでチェックしてみてください。

90分の研修で1単位というのが目安の単位数となります。

また、日本病院薬剤師会のe-learningは、以下から登録することができます。

https://jshp-elearning.jp/elsnr/
日本病院薬剤師会より

「e-learnig」とは、簡単にいうと、「オンライン研修」です。

「過去に日本病院薬剤師会が主催した研修会」の動画を視聴することができます。

勉強会に出向く必要がなく、効率的に単位を取得することができるので、登録をお勧めします。

料金についてですが、
2020年度は、日本病院薬剤師会の会員であれば、5000円で受講し放題となります。

必要な単位数

薬学部生
病院薬剤師
1年目

単位の取得方法はわかったけど、必要な単位数は?

モーリ
モーリ

必要な単位数は、「3年間で合計50単位以上」です。
ただし、条件がいろいろとあるので注意です。

こちらは、日病薬病院薬学認定薬剤師の細則の一部抜粋です。
以下で簡単に説明していくので読まなくても大丈夫です。

1.認定要件
(2)過去3年度を通算して50単位以上を取得し、かつ下記①~③のすべてを満たすこと
①日病薬病院薬学認定薬剤師制度研修カリキュラムのうち、下記の項目の単位数を取得していること
 Ⅰ-1~3の各項目の中から1項目以上履修し、合計2単位以上取得すること
 Ⅱ-1~6の各項目の中から2項目以上履修し、合計4単位以上取得すること
 Ⅲ-1~2の各項目を履修し、合計4単位以上取得すること
 Ⅳ-1~2の各項目を履修し、合計4単位以上取得すること
 Ⅴ-1~3の各項目を履修し、合計6単位以上取得すること
②薬剤師認定制度認証機構から認証を受けた他の生涯研修プロバイダーから付与された単位は有効と
する。ただし、日病薬病院薬学認定薬剤師制度研修カリキュラムに沿った内容の研修会あり、かつ
通算50単位のうち10単位以下であること
③毎年度(4月1日から翌年3月31日まで)10単位以上取得していること

引用元 日本病院薬剤師会
https://www.jshp.or.jp/banner/byouinyakugaku/by-saisoku.pdf

これを超簡単に説明すると。。。

  • 3年間で合計50単位以上取ってください
  • 1年間で最低10単位は取ってください
  • 領域別に必要単位数が決まっているので、様々な領域をまんべんなく受講して、条件を満たしてください

以上の様になります。

モーリ
モーリ

みなさんが特に気になるのは、領域別に必要単位数が決まっていることだと思います。

領域とは、以下のように分けられています。

上の認定要件の項目で詳しく記載されていますが、これらの領域をまんべんなく受講して単位を取得する必要があります。

各種勉強会では、勉強会の詳細に、どの領域の単位であるのか明記されているので、そちらを参考に受講してください。

ただし、地域で行われる勉強会では、領域が偏っていることが非常に多いので、勉強会に参加するだけでは条件を満たすことが難しいです。

ですので、そんな時に必要な領域の単位を取得するためには、
e-learning」で効率的に取得します。

後でラクになる単位取得スケジュール

単位の取得方法、必要単位数がわかったと思いますので、
このパートでは、おすすめの単位取得スケジュールを僕から提案します。

「1年目 30単位」
「2年目 10単位」
「3年目 10単位」

です。

上でも説明しましたが、3年間で合計50単位、1年間で最低10単位が必要となりますので、
このスケジュールであれば、最低限の単位数はクリアしており、
1年目にまとめて30単位取っていることによって、2年目、3年目は10単位のみの取得で良くなるので後々ラクになります。

注意:1年間で50単位集めても、認定の申請はできません。

単位取得した後の流れ

3年間で必要条件を満たし、単位を取得したら、

あとは日病薬病院薬学認定薬剤師になるための申請をして、
日病薬病院薬学認定薬剤師認定試験」に合格すれば、晴れて認定を獲得です^^

詳しい認定申請方法や、試験の感想などは、また後日公開したいと思います。

スポンサーリンク





まとめ

いかがだったでしょうか。

基本的には、日病薬病院薬学認定薬剤師を取得していないと、がん薬物療法認定薬剤師や、感染制御認定薬剤師などになることはできません。
※他の条件もありますが、この記事では割愛しています。

病院薬剤師として今後も活躍していくつもりの方は、ぜひ、早めに日病薬病院薬学認定薬剤師を取得することをおすすめします。

この記事のように、コツコツと1年目から単位取得をしていくことによって、最短で4年目には認定を獲得することができます。

モーリ
モーリ

僕も、来年度には認定取得予定です^^

道のりは長いと思われるかもしれませんが、一歩一歩進めていきましょう。

この記事の内容は、若手の病院薬剤師向けに最大限かみ砕いて説明しています。取得する要件については、さらに詳細なものがあります。
詳細は、日本病院薬剤師会のホームページhttps://www.jshp.or.jp/等で確認していただけると幸いです。

このブログは「SWELL」でできています

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

モーリのアバター モーリ 抗菌薬剤師

病院薬剤師。
感染制御チーム(ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)に所属。
2022年度感染制御認定薬剤師取得のために勉強中。

コメント

コメントする

もくじ
閉じる